20代で収入が高いエンジニアの5つの理由

こんにちはヒロキです。

IT業界にいる20代は月収の平均は20~25万円と結構安いです。

それだけ低いとで飲み代、服代、税金を払って、貯金もしていますと、手元に残るお金は無くなります。

ましてや、残業ばっかりしていたら、使うお金と時間がありませんとなります。

しかし、稼げているエンジニアはそこまで働いていなくても、年収1000万円超えます。

このまま収入が安いままストレス発散のために飲み代や服代を「浪費」に消えていったら、収入は低いままです。

そこから抜け出す方法の一つが「自己投資」です。

私も自己投資をすることがどれだけ有益なのかは最近身を持って実感しました。

実際完全未経験からエンジニアに転職する時、プログラミングスクールに300万円、新しいiMacを分割で購入して30万円投資をしています。

それだけでなく、本を買ったりプログラミングの勉強のためにさらに5万円くらいお金を使っているので合計投資が335万円になります。

しかし、そのおかげで未経験にも関わらずゲーム会社に就職できましたし、プログラミング講師の副業ができて、もうすでに投資した分は回収し始めている状態です。

今若いうちに自己投資をしたら必ずそれ以上のことが自分に返ってきます。

今日はその自己投資の必要性について説明していきます。

・記事を読んでほしい方

  • 初心者エンジニア
  • 将来が心配なエンジニア
  • エンジニアとして活躍したい方

 

自己投資をするほどエンジニアの収入が高い5つの理由

収入が高い人の収入が増える理由はこの5つです

・プログラミングのスキルが上がる

・自分に返ってくるという法則

・自己投資をケチるほど貯金や浪費をしてしまうことを知っている

・良い情報が入りやすい

・自己投資をする人ほど勉強をする

 

自己投資は「自分のために投資をすること」です。

自分の勉強のために時間を投資して、お金を投資する。

特に大事なのは、自分のためにお金を投資することです。

これをできるかどうかで大きな差が生まれます。

そう考えると少ない給料で貯金するよりもたくさん稼げる実力をつけた方がいいです。

株や仮想通貨の投資は十分損をする可能性がありますが、自己投資は自分の資産になるので損をすることは絶対ありません

しかも、エンジニアは自己投資をした分、プログラミングの実力が上がったりして直接仕事に繋がりますので、いいことばかりです

 

現役フリーランスエンジニアの私が、自己投資の重要性について詳しく説明していきます。

 

プログラミングのスキルが上がる

IT業界は理系出身だけでなく文系出身のエンジニアもいるので、エンジニアとして働いている人は日本にたくさんいます。

それにも関わらずIT業界が人材不足の一つの原因が、スキルのある人が不足しているからです。

スキルのある人の人材が不足しているという事はスキルがある人はたくさん仕事が来るしその分仕事の単価も高いというのが必然です。

しかし、プログラミングの勉強は時間とお金がかかります。

特に、転職は完全未経験からプログラミングの勉強を始めるのはプログラミングスクールやオンラインスクールなどに通って実力を上げるなどをしないと挫折する可能性が高いです。

スクール通った方が成長が速いので、通わないと成長が遅くなります。

それなら、安い金額で遅く成長するよりはお金をかけて誰よりも早く成長してたくさん稼げる実力をつけてしまった方が効率が良く最終的に自分に帰ってくるものが大きいという話です。

プログラミングスクールとか教材も有料のものは高いですが、お金が掛かるという事はそれだけカリキュラムの質が良いし、効率的に勉強が出来ます

また、お金を掛けているのでプログラミングの勉強に対するモチベーションが圧倒的に高いです。

だから、自分の勉強のために使うお金は分割で払ったとしても出来る限り惜しまないようにすることをお勧めします!

最終的に自分に返ってくるという法則

私はエンジニアになってから、自分の勉強のために使うお金は出来る限り惜しまないようにすることにしました。

なぜなら、最終的に自分の資産になり、大きくなって返ってくることを身を持って体感しました。

他のエンジニアもこのことに気付いている

有名な稼いでいるエンジニアを上げますと迫 佑樹さんです。

こちらのツイートを見てほしいです。

迫さんは大学を中退して、起業している若い青年なのですが、プログラミングをやっている人なら有名なインフルエンサーです。

インフルエンサーとは意味は、影響や感化という意味で、要するに世間に与える影響力が大きい人物のことを指します

この方の自己投資が1日で総額200万円投資をしています。

その結果がこちらになります。

 

月商3750万円という金額を叩き出しました。

このことから自己投資をすることで、自分に返ってくるかわかります。

 

自己投資をケチるほど貯金や浪費をしてしまうことを知っている

もし現状月収20万円としていた場合、食費、娯楽など様々に使っていたら貯金できる金額は2万~3万程度です。

その貯金を将来家族ができるためや老後のために残したくなりしますと自己投資を嫌がります。

私もサラリーマン時代は飲み会とか遊びにいくための浪費をたくさんしていた時期がありましたが、時間もお金もなくなり、気づいたらお金がないということもありました。

その結果、勉強する時間もなく、結局ストレス発散になるからいいという風に自分で合理化してしまい「明日から頑張ろう」みたいなことを言い聞かせて自己解決していました。

この経験から言いますと、振り返ると「浪費」が増えるほど、「自己投資」する行為が遠くなります。

浪費ばかりを続けていたら当然自分の収入はあがりません。

 

自己投資をする人は稼げる情報が入ってくる

情報は良いものほどお金がかかるので、自己投資をする人は美味しい情報が自分に入ってきます。

私の同僚のお話ですが、未経験からwebエンジニアになろうと、全くお金を掛けずに、転職エージェントに登録や無料のプログラミングスクールに通いましたが、webエンジニアになる事は難しいと思い、一旦インフラエンジニアになって2年経験を積んでからwebエンジニアになったそうです

これは理由がありまして、インフラエンジニアの方が人材不足で採用されやすいからです。

webエンジニアはプログラミングスキルが要求されるのでスキルがないと採用されません。

しかし、お金をかけてプログラミングスクールに通うとポートフォリオ(作品)を作って質を高めたら、webエンジニアになることが可能になります。

Twitterにもそのような情報はあるのですが、情報多くなり、どんな情報を見れば良いのかわかりません。

その結果、お金をかける人に良い情報が入りやすいのです。

自己投資する人ほど勉強をする

自己投資をするとスキルを吸収したいという気持ちがあるため、モチベーションになります。

私もプログラミングスクールで必死に勉強できたのはお金を払ったため、モチベーション高くできました

また、お金のかかるプログラミングスクールはモチベーションの高い人が多く集まっているのでとても刺激になります!

エンジニアにおすすめする3つの自己投資

自己投資が大事な事がわかりましたが、闇雲に投資すればいいわけではないです。
そこでエンジニアがお勧めする自己投資は以下の通りです。

・プログラミングの勉強にお金をかける

・有料の勉強会やイベントに参加する

・副業になりそうなものにも投資する

エンジニアは特に自己投資をするほど収入が上がりやすいので詳しく説明していきます。

プログラミングの勉強にお金をかける

プログラミングスクールに通うのもプログラミング教材を買うのもお金を掛けた方が効率的に勉強ができます。

プログラミングの最初はprogateやドットインストールから始めるのが一般的ですが、やっぱりこれだけだと未経験からエンジニアになるためのスキルには到達しません。

プログラミングの勉強には時間がかかる分、お金をかけた方が圧倒的に成長します!

 

テックアカデミー

 

レッスンはテックアカデミーが用意したWEB教材をレッスン1から順番に読んで、開発環境を構築したり、プログラミングを自分でやりながら進めていきます。

テックアカデミーは教材はわかりやすいので、初心者にやさしいです。

また、テックアカデミーは講師(メンター)が契約期間中自分専任で就いてくれます。

進捗状況をヒアリングしたり、作りたいアプリをどうやって作ればいいのか相談できますので、挫折もしにくいです。

 

好きな時間にプログラミングレッスンを受けることができる

平日休日祝日問わず。23:00からプログラミングレッスンをうけれます

残業がおおく、忙しい方でも受けることができます。

また、完全オンラインスクールで、完全なマンツーマンレッスンなのに、質は高くても低価格です

ですので、質問しやすく自分のペースで受講することが可能です。

料金が気になる方はお勧めです。

 

有料の勉強会やイベントに参加する

勉強会やイベントって無料のものが多いですが、有料の方が役に立つ知識を教えてもらいやすいです。

また、参加者もモチベーションが高い人が多いので良い刺激になります。

実は有料って良いフィルターになるんですよ。

有料はお金を掛けているので、参加者も主催者も本気で臨みますよね。

ぜひ、有料の勉強会やイベントにも積極的に参加してみて下さい!

 

 

副業になりそうなものにはどんどんお金と時間をかける

エンジニアは副業がしやすい職業です。

プログラミングができる場合は週1でリモートワークも可能で、ブログの記事も書きやすいのでブログで稼いでいるエンジニアはいます。

しかも副業でさらに経験値を積むことができるので、本業にも良い影響を与えるます。

ブログも正しいやり方で継続的にやれば確実に収益がでる媒体です。

もしブログをやるならお金をかけて正しいやり方で効率的にやると挫折がしにくく、収益がでますと楽しくなります。

ブログは結果が出るのに時間がかかり挫折しがちですが、7割近くのブロガーは5万円も稼げていないです。

そのため、すでに稼いでいる人に聞いて、正しいやり方を早く学ぶのが良いです。

まとめ

将来収入を上げたければ自己投資のためにケチらない。プログラミングを学ぶならお金をかけて勉強した方が効率的に勉強が出来て良い情報が入ってきやすい

どうしてもお金がない人でも自己投資のためなら、分割払いなどをして借金をするのもありだと思っています。

借金には良い借金と悪い借金があり、自己投資のためにお金をかけるのは最終的に自分に帰ってくるので20代の人は特に自分のスキルを上げることを第一に考えるのが良いでしょう。

 

記事最後まで読んでいただきありがとうございます。

twitterもやっているので、感想をメッセージいただけると嬉しいです。

私のアカウントはこちらです。

 

またのブログを最後まで読んだということは

「エンジニアで成果を出したい」

方ではないでしょうか。

私は初心者がエンジニアになるためのブログを公開していますが、

早くエンジニアで活躍したい

と思う方は私のメールマガジンをご活用してください。

登録後は

・効率よくスキルアップ
・身に付けるべきスキル
・エンジニアの大事なこと
・ゲーム開発の必要なスキル
・システムエンジニアの必要なスキル

などをお話していきます。
エンジニアとして知識0な初心者でも

「どうしたら、なれるのか?」

を丁寧に解説しています。まずは無料登録をお願い致します。

※初心者エンジニアのアンケート目的で行っています。
※費用は一切かからないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最近のコメント