Unityが落ちるとき確認すること

こんにちはヒロキです。

Unity(エディタ)が強制終了した時は再起動すれば問題なく動くことが大半ですが、
高頻度もしくは100%で強制終了する場合、話が別になります。

その時のログから原因を見つける方法はもちろん、強制終了したシーンも復活します。

 

ログを見て原因を見つける方法

ログはEditor.logという物に保存されており、OSに異なります。

OSごとのファイルパスは以下になります。

OS ファイルパス
Linux ~/.config/unity3d/Editor.log
macOS ~/Library/Logs/Unity/Editor.log
Windows C:\Users\username\AppData\Local\Unity\Editor\Editor.log

公式より。

ですのでUnityが強制終了したら、このEditor.logでログを見る事が可能です。

 

強制終了したシーンを復活させる方法

保存していないシーン情報の復活方法ですが、保存していないシーン情報は

UnityプロジェクトのAssetsと同じ階層にある(Unityエディターからは見えない)Temp内の__Backupscenesに入ってます。

こちらを、任意な場所にコピーします。

※なおUnityを再起動するとなくなるので、注意してください。

コピーした後に、__Backupscenesの中にあるファイルを上書きすると復帰することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最近のコメント