オセロの作り方(石の作成)

こんにちはヒロキです。

 

今回はUnityでオセロの作り方について解説していきます。

オセロはゲーム作成の中で仕様もわかりやすくできており、比較的作りやすい分野だと思いますので今回はオセロを作っていきたいと思います。

 

まずはオセロを作る前に素材作成から入りましょう。

 

石の作成

まずは石の作成をしていきましょう。

3D Object→cylinderを選択しましょう。

これを2つ用意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ用意しましたら、Gameobjectをblackwhiteという名前に変更しましょう。

 

 

 

 

 

名前を変更したら、prefabにしたいので、空のオブジェクトを作成し、以下の画像のように作成した石を子オブジェクトにしましょう。

名前はわかりやすくStoneにしましょう。

 

BlackのTransformはScale Yを0.1に設定する

WhiteのTransformはBlackと同様にScale Yを0.1に設定する

PositionのY座標を-0.2で少し下に設定する

 

画像のようになっていれば問題ないです。

 

 

マスの作成

 

3D ObjectでCubeを選択する

 

作成したCubeの名前をSquareに変更する

 

色を付ける

Create→Materialを選択する

 

 

黒い石と白い石とマスの色を作成する。

名前はBlackStone,WhiteStone,Squareにする

 

 

作成したマテリアルをドラッグ&ドロップで反映する

以下になっていれば問題ないです。

 

石にも色を付ける

石も同様にマテリアルをドロック&ドロップをしましょう。

以下のようになっていれば問題ないです。

 

これで素材作成は完了です。

 

動画はこちらになりますので、わからない場合はこちらを参照をお願い致します。


 

次は実際にソースコードの作成をしていきたいと思います。

記事最後まで読んでいただきありがとうございます。

twitterもやっているので、感想をメッセージいただけると嬉しいです。

私のアカウントはこちらです。

またのブログを最後まで読んだということは

「エンジニアで成果を出したい」

方ではないでしょうか。

私は初心者がゲームプログラマーになるためのブログを公開していますが、

早くゲームプログラマーで活躍したい

と思う方は私のメールマガジンをご活用してください。

登録後は

・効率よくスキルアップ
・身に付けるべきスキル
・ゲームプログラマーの大事なこと
・ゲーム開発の必要なスキル
・ゲームプログラマーに必要なスキル

などをお話していきます。
プログラマーとして知識0な初心者でも

「どうしたら、なれるのか?」

を丁寧に解説しています。まずは無料登録をお願い致します。

※初心者向けのアンケート目的で行っています。
※費用は一切かからないです。

登録はこちらになります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最近のコメント